2017年度 日本植物生理学会 奨励賞 候補者募集

一般社団法人日本植物生理学会は、今年度の日本植物生理学会奨励賞を募集いたします。奨励賞の受賞資格を満たす国内外の会員は下記の募集要項に従ってご応募ください。

募集要項

1. 候補者の資格
  1. 植物科学の分野で,特に国際的にも優れた研究を発表し将来の発展が期待される者。
  2. 2017年4月1日において満40歳未満あるいは研究歴(大学院在籍時を含む)が18年未満の本会会員。
  3. 授賞対象の研究の主要部分は,国内で実施、あるいは本学会年会・シンポジウムまたはPCP誌に発表されているものする。
2. 応募方法

a. 自薦の方法: 下記の応募書類一式を一つのPDF ファイルとして作成し,学会本部に電子メールで送付する(受付締切:10月1日必着).電子メールのタイトルを「日本植物生理学会奨励賞応募書類(自薦)」とする。申込み書類は、A4版の用紙を用いて周囲2cm以上が余白になるように作成する。

  1. 表題頁:「日本植物生理学会奨励賞応募申請書」と明記し,提出年月日,研究題目,申請者氏名とそのローマ字表記、生年月日と満年齢、所属機関と現職、同所在地、連絡先(電話、
    Fax番号、E-mailアドレス)、最終学歴と学位、研究歴を記入する。
  2. 研究業績の大要:応募対象となる業績の内容、発表論文との関連を明示したものを2頁以内(研究課題込みで、2,000字/600 words程度)に記述する。
  3. 今後の研究展開に関する抱負を1頁以内(1,000字/300words程度)で記述する。
  4. 発表業績リスト:i)原著論文(PCP 誌の引用文献記載法に準ずる)、ii)総説・その他(同上)、iii)応募対象となる研究に関連した本学会年会およびシンポジウムでの発表(発表者名、表題、年度と開催地を記入)。各々、発表年順に番号を付け、申請者名に下線を引く。
  5. 主要な論文 (5編以内) の別刷りまたはコピー。

b. 他薦の方法: 本会の会員は受賞候補者を推薦することができる。推薦する場合は、9月5日までに、被推薦人の承諾を得た上で推薦状をPDFファイルで作成し、学会本部に電子メールで送付する。電子メールのタイトルを「日本植物生理学会奨励賞応募書類(他薦)」とする。推薦状に基づき、学会本部は被推薦人に応募を勧告する。推薦状には、i)被推薦人の氏名(ローマ字表記も)・所属・連絡先、ii)推薦人の氏名・所属・連絡先、iii)簡単な推薦理由、iv)推薦年月日を明記する。

  • 応募された方には、応募書類受領メールをお送りいたします。メールが届かない場合は、事務局までご連絡ください。
  • 本応募に関連して提出された個人情報については、選考の目的に限って利用し、選考終了後は、全ての個人情報は責任をもって破棄いたします。

選考委員

梅田正明、鹿内利治、白須 賢、高木 優、西村幹夫、保尊隆享、松林嘉克、山崎真巳、矢野健太郎、渡辺雄一郎

学会活動