第18回マリンバイオテクノロジー学会大会

開催日時

2016年5月28日~29日

開催場所

北海道大学函館キャンパス(北海道函館市)

内容

大会の内容

1.一般講演(口頭発表、ポスター発表)2.シンポジウム(一般、ミニ)



発表形式 

1.口頭発表:一般講演は質疑応答を含め15分 液晶プロジェクターを使用 2.ポスター発表:学生を対象とした優秀ポスターの表彰を予定



一般講演のセッション

1.微生物 2.微細藻類 3.海藻・付着生物 4.魚介類 5.天然物化学・未利用資源 6.バイオミネラリゼーション 7.環境・環境適応 8.その他



発表申込みの締切  平成28年4月 8日(金)必着

講演要旨の締切   平成28年4月 8日(金)必着

事前参加登録の締切 平成28年4月28日(木)必着



事前参加登録費   会員5,000円 学生2,000円 非会員 9,000円 学生非会員4,000円

当日参加費     会員7,000円 学生3,000円 非会員10,000円 学生非会員5,000円

懇親会費      一般7,000円 学生3,000円 

※協賛頂きました団体の会員の方は、当学会会員と同等の参加費で参加頂けます。なお、発表は学会会員に限ります。



講演申込方法:発表希望者は書式にしたがって、発表希望セッション、希望発表形式、発表者氏名・所属略記(連名の方全員)、演題を明記のうえE-mailでお申し込みください。



参加登録方法:参加登録希望者は書式にしたがって、申込者氏名・所属および連絡先を明記のうえE-mailでお申し込みください。詳細は大会ホームページでご確認ください。



第18回大会ホームページアドレス: http://marinebiotechnology.jp/mbt2016-HP/index.html



市民講演会

 開催日:平成28年5月29日(日)14:00~16:30

 場 所:函館市国際水産・海洋総合研究センター(http://center.marine-hakodate.jp/)

 講演者:長沼 毅 氏(広島大学・生物圏科学研究科)「極限環境生物の生存戦略(仮題)」

(函館市国際水産・海洋総合研究センターの見学を含む)





主催者

マリンバイオテクノロジー学会

URL

http://marinebiotechnology.jp/

問い合わせ先

〒041-8611 函館市港町3-1-1 北海道大学大学院水産科学研究院内 第18回マリンバイオテクノロジー学会大会実行委員会 E-mail: mb2016@fish.hokudai.ac.jp(お問い合わせ等はメールでお願いします。)