ABS国際ワークショップ「名古屋議定書時代におけるインドネシアとの遺伝資源利用共同研究のあり方」

開催日時

2016年3月10日 13:00~17:20

開催場所

AP東京八重洲通り 7階Pルーム(東京都中央区京橋1-10-7 KPP八重洲ビル)

内容

【日時】2016年3月10日(木) 13:00~17:20(12:40開場)

【会場】AP東京八重洲通り 7階Pルーム(東京都中央区京橋1-10-7 KPP八重洲ビル)

【対象・定員】100名程度 動物・植物・微生物(遺伝資源/生物資源)を海外から取得して研究を行う学術機関に所属の研究者、その研究支援者(産学連携、知財、研究推進、URA等に所属の方)

【参加費】無料、事前申込制

【主催】国立遺伝学研究所ABS学術対策チーム

【申込方法】http://idenshigen.jpもしくは abs@nig.ac.jp(担当:榎本まで)

【内容】

1.開会

2.Ms. Lulu Agustina

Head,Section of Monitoring Genetic Resources,Directorate of Conservation,Ministry of Environment & Forestry

3.Ms. Marionni Hanoum

Staff, Director of Biodiversity of Conservation,Ministry of Environment

& Forestry

4.Prof. Enny Sudarmonowati

Deputy Chairman of Life Sciences ,Indonesian Institute of Sciences(LIPI)

5.休憩

6.Prof. Iskandar Z. Siregar

Director of Research and International Collaboration, Bogor

Agricultural University

7.鈴木 健一郎 先生

製品評価技術基盤機構(NITE) バイオテクノロジーセンター(NBRC)技監

8.パネルディスカッション

モデレーター 筑波大学 生命環境系 教授 河瀬眞琴 先生

9.閉会

URL

http://idenshigen.jp

問い合わせ先

国立遺伝学研究所知的財産室 ABS学術対策チーム
E-mail:abs@nig.ac.jp TEL:055-981-5835