【開催中止】(12/7)国際ワークショップ「モンゴル遺伝資源の取得と利用」開催

開催日時

2018年12月7日 13:00~15:00

開催場所

TKP東京駅日本橋カンファレンスセンター(カンファレンスルーム105)     東京都中央区八重洲1-2-16

内容

【重要】国際ワークショップ「モンゴル遺伝資源の取得と利用(20181207)」開催中止のお知らせ
来週12/7(金)開催を予定していた国際ワークショップ「モンゴル遺伝資源の取得と利用」は、
モンゴル国内事情により、国会の状況が不安定となり、解散の可能性もあるとのことで、
急遽国会議員をはじめとする訪問団メンバーの来日が不可能となった為、中止となりました。
お忙しい中、ご予定を合わせてご参加を希望してくださった皆様には、ご連絡が直前になり誠に申し訳ございません。
何卒ご理解賜れますようお願い致します。
なお、この件につきましてご不明な点等ございましたら、下記までご連絡ください。
ーーーーーーーーーーーー
〒411-8540
静岡県三島市谷田1111
情報?システム研究機構
国立遺伝学研究所
産学連携・知財室室長
ABS学術対策チーム 責任者
鈴木睦昭
msuzuki@nig.ac.jp
tel: 055-981-5831
----------------------------------------------------
 
 
 
この度、名古屋議定書の締約国でもあるモンゴルより、ナショナルフォーカル・ポイントである環境観光省グリーン開発政策企画部部長ブルガン氏の来日に伴い、

12/7(金)に標記国際ワークショップを開催する運びとなりました。

 現時点でのモンゴルの遺伝資源へのアクセスのための対応方法や、新規法令の内容・準備状況など、最新情報についてご紹介いただく予定となっております。

 また多くの国同様、モンゴルにおいても遺伝資源の取得に関し、対象となり得る既存の法規制は存在する一方、現状ABSについての新しい仕組みの作成・整備を行っている段階です。

 そのため、本ワークショップでは皆様のご意見等を先方に届けることも必要と考え、意見交換についても行う予定です。

 下記をご覧いただき、是非ともご参加くださいますようお願い申し上げます。





                    <国際ワークショップ「モンゴル遺伝資源の取得と利用」開催のご案内>





   【 日時 】 2018年12月7日(金)13:00~15:00 (12:30 開場)

   【 会場 】 TKP東京駅日本橋カンファレンスセンター (東京都中央区八重洲1-2-16)カンファレンスルーム105

   【講演者】 Ms. Bulgan Tumendemberel (Director, Green development

policy and planning department, Ministry of Environment and Tourism)

   【使用言語】英語(一部、日本語サポート有り。)

   【 定員 】 50名程度(参加無料)

       *参加には事前申し込みが必要になります。(以下HPよりお申し込みください。)

   【 HP 】  idenshigen.jp



 ----------------------------------------------------------

〒411-8540 静岡県三島市谷田1111

情報•システム研究機構 国立遺伝学研究所

産学連携・知的財産室室長 鈴木睦昭:msuzuki@nig.ac.jp

ABS学術対策チーム :idenshigen.jp

abs@nig.ac.jp tel: 055-981-5831

-----------------------------------------------------                                                   

URL

http://idenshigen.jp/

問い合わせ先

国立遺伝学研究所 産学連携・知的財産室 ABS学術対策チーム