2020年度 バイオインフォマティクス技術者認定試験 受験ご案内

開催日時

2021年2月1日(月)〜2021年2月14日(日)

開催場所

指定登録テストセンター(受験可能なテストセンター一覧は認定試験HPにてお知らせいたします)

内容

【主催】 日本バイオインフォマティクス学会(JSBi)

【協賛】 情報計算化学生物学会(CBI)、情報処理学会 バイオ情報学研究会、日本オミックス医学会、日本ゲノム微生物学会、日本植物生理学会、日本生物物理学会、日本蛋白質科学、バイオグリッドセンター関西(五十音順)



【試験概要】

ゲノム解析によって大量のデータが生み出される時代になり、バイオインフォマティクス(bioinformatics)は急速に発展してきました。そして生命科学と情報科学の知識をバランス良く身につけた技術者・研究者などの需要が急速に拡大していますが、2000年代前半にかけてバイオインフォマティクス人材の育成は一時活発化したものの、現在まで継続的に取り組まれている事業は少ないのが現状です。





本認定試験は、合格者が基礎から先端までの基本知識を有し、関連業務への適性が一定レベルに達した人材であることを示せるよう作られています。Society 5.0においてもバイオインフォマティクスは医療・ヘルスケアITと密接に関連する重要技術であり、産業界では、バイオインフォマティクス関連業務の入札や雇用で当該試験の合格が要件となっていたり、社員の育成を重視する企業に利用されています。また、学生や一般の方がバイオインフォマティクスを勉強する際の指針となるように設計されており、リカレントを含む教育の入り口としても機能しています。



当学会としては、国家資格化などによりこれらの効果を強化することが目標の一つです。現在、バイオインフォマティクススキル標準の策定も他学会と連携して進めています。



本年度より当試験は都市限定開催・筆記試験(マークシート式)から、CBT方式(Computer Based-Testing)に変更となり、全国に登録されている会場にて受験が可能となります。試験受験可能期間も1日限定ではなく2週間となり、従来の方式よりも格段に高い自由度で受験日時・会場をお選びいただけます。



多くの方の受験をお待ちしております。

主催者

【主催】 日本バイオインフォマティクス学会(JSBi)
【協賛】 情報計算化学生物学会(CBI)、情報処理学会 バイオ情報学研究会、日本オミックス医学会、日本ゲノム微生物学会、日本植物生理学会、日本生物物理学会、日本蛋白質科学、バイオグリッドセンター関西(五十音順)

URL

https://www.jsbi.org/nintei/

問い合わせ先

認定試験事務局 

〒108-8639 東京都港区白金台4-6-1
東京大学医科学研究所 機能解析イン・シリコ分野内
TEL : 03-5449-5131  E-mail : nintei@mail.jsbi.org