日本植物生理学会大阪大会サテライトシンポジウムならびに受賞講演(2020年12月12日、オンライン開催)

公開日

2020/11/19

内容

 
 2020年3月に予定されていた第61回日本植物生理学会年会(大阪年会)は、コロナ禍により中止となりました。当初、本年秋口に対面での大阪年会サテライトシンポジウムならびに学会賞・奨励賞・PCP 論文賞の受賞講演を行う予定にしておりましたが、依然、対面での開催が難しい状況が続いております。ついては、下記の日程にて、サテライトシンポジウムならびに各賞受賞講演を、zoomウェビナーにて開催いたします。会員の方々、奮ってご参加ください。また、サテライトシンポジウムについては非会員の方にもご参加いただき植物科学の面白さを感じ取ってもらえれば幸いです。
 
 参加希望の方は、12月10日(木)までに、下記のサイトからお申し込みください。ただし、定員(500名)になりましたら、締め切りを早める可能性もありますので、ご注意願います。後日、zoomウェビナーの参加IDをお送りいたします。
 
第61回日本植物生理学会年会 年会委員長 村中俊哉
日本植物生理学会 会長 前島正義
 
 
開催日:2020年12月12日(土)
 10:00-13:00 大阪年会サテライトシンポジウム
 15:40-17:25 学会賞・奨励賞・PCP 論文賞の受賞講演
開催法:zoomウェビナー
参加申込みサイト:https://forms.gle/kTc8ETP64xGJg9jH7 
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
日本植物生理学会大阪大会サテライトシンポジウム プログラム
 *サテライトシンポジウムの講演はすべて英語で行われます。
 
Satellite symposium of JSPP Osaka 2020 by zoom webinar
- Repositioning Plant Research to Address Threats to Global Health and Ecosystems
 
Saturday, December 12 10:00-13:00 (JST)
 
10:00-10:10 Introduction
  Toshiya Muranaka
   (Graduate School of Engineering, Osaka University)
 
10:10-10:35 Ery O Fukushima
   (Universidad Regional Amazónica IKIAM, Ecuador)
  Biodiversity and bioprospection of Amazonian plant resources
 
10:35-11:00 Soo Yeon Chung, Hikaru Seki, Toshiya Muranaka
   (Graduate School of Engineering, Osaka University)
  A cellulose synthase-derived enzyme catalyses 3-O-glucuronosylation in saponin biosynthesis
 
11:00-11:25 Philipp Zerbe
   (UC Davis, Department of Plant Biology, College of Biological Sciences)
  Investigating plant specialized metabolism for improved crops and bioproducts
 
11:25-11:35 Break
 
11:35-12:00 Tatsuo Kakimoto
   (Graduate School of Science, Osaka University)
  Transcription factors that govern the stem-cell-like features of pericycle
 
12:00-12:25 Genji Kurisu
   (Institute for Protein Research, Osaka University)
  Structural studies of photosynthetic membrane protein complex and related redox proteins,
  and COVID-19 related protein database
 
12:25-12:50 Kazuhito Fujiyama
   (International Center for Biotechnology, Osaka University)
  Production of pharmaceuticals by plant and plant tissue culture
 
12:50-13:00 Closing remarks
Raymond Rodriguez
   (UC Davis Department of Molecular and Cellular Biology)
 
Sponsorship:
 Japanese Society of Plant Physiologist
 
Joint Sponsorship:
 UC Davis - Osaka University Graduate Student Exchange Program
 International Center for Plant Bioscience and Biotechnology, Osaka University
 Osaka University International Joint Research Promotion Program (Type B)
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
日本植物生理学会賞・奨励賞・PCP 論文賞 受賞講演 プログラム
2020 年 12 月 12 日(土)15:40-17:25 zoomウェビナーにて開催
 
15:40-15:45会長あいさつ(会長 前島正義)
 
15:45-15:55 選考経過紹介(幹事長 藤田祐一)
 
15:55-16:25日本植物生理学会賞
 「ミヤコグサのモデル化に向けた基盤形成と共生のシステミック制御に関する研究」
  川口正代司(自然科学研究機構基礎生物学研究所共生システム研究部門)
 
16:25-16:45 日本植物生理学会奨励賞
 「野外トランスクリプトミクスを中心とした植物の環境応答の研究」
  永野惇(龍谷大学農学部植物生命科学科)
 
16:45-17:05日本植物生理学会奨励賞
 「気孔の環境応答及び形成メカニズムの研究」
  祢宜淳太郎(九州大学理学研究院生物科学部門植物生理学研究室)
 
17:05-17:25 PCP論文賞
 Shigeyuki Betsuyaku, Shinpei Katou, Yumiko Takebayashi, Hitoshi Sakakibara,
 Nobuhiko Nomura, and Hiroo Fukuda (2018)
 “Salicylic Acid and Jasmonic Acid Pathways are Activated in Spatially Different Domains
  Around the Infection Site During Effector-Triggered Immunity in Arabidopsis thaliana”
 Plant Cell Physiol. 59(1): 8-16
 別役重之(筑波大学生命環境系),他5名
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~