一般社団法人日本植物生理学会 特別賞授賞規程

2014年12月13日制定

第1条

一般社団法人日本植物生理学会 (以下、本会と略す) は植物科学の振興をはかり、植物科学関連分野の発展に多大な貢献をした個人もしくは団体を顕彰するため、日本植物生理学会特別賞 (以下、特別賞と略す) を設ける。

第2条

特別賞の受賞者の国籍は問わないが、受賞の対象となる研究もしくは事業は主要な部分が日本国内で実施されたものとする。

第3条

特別賞は会長もしくは5名以上の代議員を推薦者として、本会所定の様式の推薦書と資料を本会本部に提出する。別に定める学会賞選考委員会規程によって組織された委員会は授賞の可否を審議し、その結果を10月末日までに会長に報告する。会長は、理事会の議を経て特別賞授与を決定する。

第4条

会長は受賞者に年会において賞状と楯を授与する。国内在住の受賞者は原則として年会において受賞講演を行うものとする。
 

附則
本規程は、2015年度から施行する。

 

学会活動