日本植物生理学会 学会賞 受賞者一覧

植物科学の分野で際立った研究成果を挙げた会員 (通常会員及び名誉会員) に授与されます (2003年度から選考、授賞は2004年度から)。

2018 年度

前島 正義(名古屋大学大学院生命農学研究科)

研究課題植物生体膜の物質輸送・情報変換システムに関わる生化学的・分子生理学的研究
2017 年度

なし

2016 年度

斉藤 和季(千葉大学大学院薬学研究院)

研究課題植物メタボロミクスの開発とゲノム機能科学研究への応用
2015 年度

町田 泰則(名古屋大学)

研究課題植物に特徴的な細胞分裂の分子機構の研究
2014 年度

なし

2013 年度

西村 いくこ(京都大学大学院理学研究科)、西村 幹夫(基礎生物学研究所細胞生物学研究領域)

研究課題植物オルガネラの機能分化
2012 年度

島崎 研一郎(九州大学大学院・理学研究院生物科学部門)

研究課題植物の青色光応答の研究 ―気孔開口を中心にして―
2011 年度

福田 裕穂(東京大学大学院理学系研究科)

研究課題維管束形成機構の解明
2010 年度

岡田 清孝(基礎生物学研究所)

研究課題シロイヌナズナを用いた植物器官発生機構の解析
2009 年度

篠崎 一雄(理化学研究所植物科学研究センター・東京大学大学院農学生命科学研究科)、篠崎(山口)和子(理化学研究所植物科学研究センター・東京大学大学院農学生命科学研究科)

研究課題環境ストレス応答と耐性獲得に関わる遺伝子発現制御ネットワークの解明
2008 年度

田畑 哲之(かずさDNA研究所)

研究課題植物および関連微生物のゲノム解析
2007 年度

近藤 孝男(名古屋大学大学院理学研究科)

研究課題シアノバクテリアの概日振動発生機構
2006 年度

和田 正三(基礎生物学研究所)

研究課題葉緑体光定位運動の光受容体と運動機構の解析
2005 年度

黒岩 常祥(立教大学理学部)

研究課題ミトコンドリアと色素体の分裂装置の発見からオルガネラ生物学の新展開 ─真核物の構築基盤となる “シゾン” の3ゲノムの完全解読─
2004 年度

杉浦 昌弘(名古屋市立大学大学院システム自然科学研究科)

研究課題In vipo 系の開発による植物遺伝子発現機構の研究

学会活動